日本人が渋谷でwechatの残高にチャージしてみた




日本にいながらwechatにチャージして残高を増やす方法の一つとして、ポケットチェンジというサービスを使うというものがあります。

www.pocket-change.jp

日本人が使うパターンとしては、海外旅行で余ったお金を機械に投入して電子マネーなどにチャージするという使い道があるようですが、今回は多くの中国人が使っているwechatにチャージするという事にトライしてみました。

尚、この記事では既にwechatのアクティベーションが完了している状態を前提にすすめています。

wechatのアクティベーションについては下記記事が参考になります。

clifehack.com

チャージ方法(機械操作)

機械の案内に従い日本円(他にもいくつかの通貨に対応していた)を投入して確定すると、レシートが出てきます。

このレシートに記載のQRをスキャンして必要な情報を入力する事で晴れてwechatへのチャージが完了します。

尚、機械に投入したお金は戻ってこない&おつりという概念はないので、チャージしたい分だけを握りしめて持っていくことをおすすめします。

チャージ方法(レシートスキャン/認証編)

QRスキャン時は最初に同意を求められます。

チャージされる金額(人民元)が表示されると共に、ここで

  • パスポート番号
  • 電話番号
  • 名前

の入力を求められます

f:id:monopatch:20181203091633p:plain

入力が終わるとSMS認証を求められるので認証します。

f:id:monopatch:20181203092546p:plain

無事に認証が完了しました。その後自動でチャージする画面へ遷移します。

チャージ方法(レシートスキャン/チャージ編)

改めて同意画面

許可します

処理中。。。

処理完了しました!

f:id:monopatch:20181203093218p:plain

履歴にも残ります

f:id:monopatch:20181203093123p:plain

以上でチャージは完了となります。

これで、wechatで中国現地での決済が滞りなく出来るようになります。