タワマンへの引越しは思った以上に高かった話と値切りの交渉について

タワマンへの引越しが決まり、業者に見積もりを依頼していたのですが、タイトルの通り思ったより高くなりました。

引越し代金はピンキリではありますが、タワマン固有の引越し費用上昇の要因を説明したいと思います

タワマンならではの引越し費用上昇の要因

ずばり以下の要因があります

  1. トラックから部屋までに距離があるので時間がかかる(階層が高いとより一層の)
  2. 人員が必要になり人件費が上がる
  3. 養生など、共用スペースへの配慮が必要になる

一軒家やアパートとは違い、タワーマンションは共有施設が広く設計されている事もありトラックから部屋までの距離が長くなります。

また高層階であればエレベータの乗り降りにも時間を要し、結果として1日がかりの作業になってしまうそうです。一軒家やアパートであれば移動距離にもよりますが午前午後の2つをこなしたりする事もありますがタワマンへの引越しだとそうはいきません。

また、少しでも短い時間で作業を終える為に人員を通常より+1人で確保するなどの措置をとる事もあるらしく、結果として費用がかかるとのこと。

担当者の話では、「オリゾンマーレはやばい」との事でした。

f:id:monopatch:20180731210416p:plain
オリゾンマーレ。出典:https://goo.gl/maps/yRckM6q8oH82

地図で確認すると、トラックは道路にしか止めることができず、そこからマンション入り口までは距離があるのが分かるかと思います。

そして入り口にたどり着いても部屋までがまた遠いんですね。

値引き交渉について

値引き交渉に関して大事な事は

  1. 一括見積もりをする
  2. 本丸の会社は1番手に見積もらない方がよい

だと思います。一括見積もりは複数社に一斉に依頼を投げれるのでおすすめです。1社目の見積もりで相場観を知ったのちに2社目以降で値引きの交渉を測るというのが良いと感じました。

1社目で決めてしまうのは勿体無い可能性が高いので、見積もりへの対応に慣れるための1社目という感覚が良いです(見積もりは、実際に家にやってきて対面で話すので尚のこと。)

大手の引越し業者の安心感

タワマンに引っ越すとなると、共有スペースを傷付けないように養生などの配慮が要求されるようですが、そういった点では大手の引越し業社の方が安心できそうです。

理由としては、大手は引越しを専門にやっており人材育成に力が入っているからです。

安い業者だと運送業の傍で引越し業もやってますという感じの方も多く、以前安い業者を利用した際、ベッドのマットレスを梱包なしにそのままトラックに詰められ、トラック内の木材のカケラがマットレスに刺さってしまっていたという残念な経験もありました。

安過ぎず、高過ぎすの価格帯を狙っていくのが妥当だと思いますし、そうした相場観を掴む為にも複数の業者に見積もってもらうのが吉だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です