東京で台湾茶を楽しめる狐月庵に行ってきました。

台湾茶を楽しめるカフェが東京にないかと思い調べていたら文京区の千駄木という所にある「狐月庵」というカフェが良さそうだったので行ってみました。

結論から言うとドンピシャなカフェだった訳ですが、実際に体験したことを写真と共にまとめて見たいと思います。

台湾茶カフェ 狐月庵

最寄りの駅としては日暮里駅か千代田線千駄木駅となります。いずれにせよ少し歩くので天気が良い日は日傘や水を所持するのが吉です。

台湾の茶屋ではよくみる「お茶の入っているタンク」が並んでおり雰囲気は台湾でした。店内はテーブルの大きさにゆとりはそこまで無いですが、席と席の間はゆとりがあります。

また店内は明るくて開放感を感じられました。

茶器具

お茶は伝統的なプロセスで飲むスタイルで一手間かかりますが、香りを楽しむことができました。

お茶の楽しみ方
名物 マンゴーかき氷

またお茶以外いも台湾の名物が提供されていて今回はマンゴーかき氷を食しました。ふわっふわの氷と大きなマンゴーが合わさって最高です。

注文していませんでしたが、タピオカミルクティーももちろんあります。

注文した茶葉は余った場合テイクアウトしてもらえます。また茶葉のみを購入することもできるので、自宅でも台湾茶を楽しめます。

自宅で気軽に台湾茶を楽しめる器具には以下の様なものがあり、3000円ほどで手に入ります。

台湾製 マルチティーポット500ml piaoi 飄逸杯 GL865 耐熱ガラス製

全体的に満足度が高くまたいきたいと思えるお店でした。