コミュニティサイクル(自転車シェアリングサービス)を利用してみたが運動不足にはもってこいだった話




最近、東京23区の一部で運用されている「コミュニティサイクル」なる自転車シェアリングサービスを利用してみたのですが、社会人となり電車とバスしか乗らなくなった今如何に日頃の運動が不足しているのかを思い知らされる羽目になったので紹介したいと思います。

(駐輪場に設置してあったパンフレットが一番分かりやすかったので、パンフレットをベースに紹介したいと思います。)

 

料金

f:id:monopatch:20180814055312j:plain

一回会員から始めてみて、月の利用額が2000円を超えるようになったら月額会員を検討するのがよいかと思います。

特に30分以内の利用を月に何回もするようでしたら月額会員の方がお得そうですね。

 

料金は一回会員の場合、最初の30分で150円ですがこれは税抜き価格です(念のため)。税込だと162円。

f:id:monopatch:20180814060016p:plain

 

会員登録

f:id:monopatch:20180814055317j:plain

 

以下のサイトから出来ます

東京・自転車シェアリング広域実験(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・品川区・大田区・渋谷区)

 

どのコミュニティサイクルに会員登録しても相互利用が出来る(Suica, Pasmoなどの交通系ICカードをイメージすると分かりやすいかも?な)ので、何がしかの最寄りで良いのではないかと思います。

 

dアカウントを持っていればdアカウントで会員登録も出来、ログインにもdアカウント利用できるので個人的には便利です。

 

f:id:monopatch:20180814060220p:plain

 

 

利用方法

f:id:monopatch:20180814055321j:plain

 

流れとしては

  1. あらかじめwebサイトから自転車予約する(予約しておいた方が確実に乗れる)
  2. 借りる
  3. 返却する

の3つです。

 

予約

https://tcc.docomo-cycle.jp/cycle/TYO/cs_web_main.php

 

上のシェアサイクルマイページから自転車を選択して予約が出来ます。なお、予約は20分が有効期限です。

f:id:monopatch:20180814060757p:plain

駐輪場から選択して

 

f:id:monopatch:20180814060801p:plain

自転車が1台以上あるポートを選択して(スクショに表示されているポートは全部0台ですね..)

 

f:id:monopatch:20180814060805p:plain

利用する自転車(スクショの場合、「MNT0596」&「TYO13014」が相当)をタップすれば予約完了&4桁のパスコードが表示されます。メールも飛びます。

 

f:id:monopatch:20180814061046p:plain

 

 ちなみにアプリもありますが、(webviewのせいで)毎回ログインが必要で面倒極まりないです。マップ機能があるのでポートを探すにはもってこいですが、使うポートが決まっているのであればwebページをブックマークしておいて利用するのが手っ取り早く感じています。

 

ドコモ・バイクシェア ポートナビ
ドコモ・バイクシェア ポートナビ
開発元:LocationValue Inc.
無料
posted withアプリーチ
借りる

該当の自転車(シール貼ってるので分かります)にて

  1. 「start」を押す
  2. パスコードを入力

で、施錠が解除され利用がスタートします。

 

返却する

こちらも手順は簡単で

  1. 施錠する
  2. 「return」ボタンを押す

で返却完了です。上記の手順は共にメールが届くので、「返却完了」メールが届いて利用が終了したと言えます。これが漏れていると料金めっちゃ請求されそうで怖い、、

 

f:id:monopatch:20180814061248p:plain

 

f:id:monopatch:20180814061250p:plain

 

1日パス

個人的に需要ないのでパンフレットの内容だけ記載しますmm

f:id:monopatch:20180814055324j:plain

 

 

久しぶりに自転車乗ったのですがお尻は痛くなるわ足(ふともも)の疲れがあっという間にやってきたりわで、日頃の運動不足を痛感させられました。

 

が、

  • 体は資本なので健康を意識する必要性がある事
  • 日常生活に支障が無い程度に運動をするのがベスト

という観点から自転車はピッタリかもしれません。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です