台北(台湾)でゆっくりと温泉に浸かるなら北投温泉(べいとう おんせん)が断然おすすめ!




Onsen

 

台湾・台北市街地から電車で少し北に向かったところにある温泉をご存知でしょうか?

 

その名も「北投温泉」

 

日本人の平田源吾という方が初めて温泉旅館を開業してから紆余曲折を経て観光地として訪れておきたいスポットの一つに成長しました。

 

※詳しくはwikipediaをどうぞ!

北投温泉 – Wikipedia

 

そんな北投温泉の雰囲気を写真と共に紹介したいと思います〜!

 

f:id:monopatch:20180113003821j:plain

北投温泉の最寄駅は新北投駅です。MRTで台北駅から1回の乗り換えでいけます。所要時間はおよそ1時間です。

 

 

 

f:id:monopatch:20180113003843j:plain

駅構内には謎のモニュメントが。。もはや台湾あるあるな感じです

 

f:id:monopatch:20180113004343j:plain

北投温泉街は緑も多く、散歩するだけでも楽しめます。

 

f:id:monopatch:20180113004405j:plain

こちらは北投温泉博物館。歴史を学べます。

 

f:id:monopatch:20180113004421j:plain

さらに奥の方に進んでいくと温泉を営んでいる店が目立ち始めて来ます。

 

f:id:monopatch:20180113004435j:plain

温泉といえば温泉卵でしょう。

 

f:id:monopatch:20180113004450j:plain

 

f:id:monopatch:20180113004505j:plain

北投温泉の一つのメインスポットは「地熱谷」と呼ばれる源泉のある場所です。

 

f:id:monopatch:20180113004521j:plain

ただでさえ暑い台湾なのに、この熱気にはやられてしまいそうです。当然ですが硫黄の匂いもプンプンします。

 

f:id:monopatch:20180113004538j:plain

別アングルから。湯気が立ち込めていますね。

 

f:id:monopatch:20180113004609j:plain

余談ですが、北投温泉には日本の「加賀屋」があります。建物は流石に台湾ですが中の雰囲気は日本そのものです。

この旅館に泊まって日本に興味を持った外国の方もいらっしゃるそうで。

 

f:id:monopatch:20180113004640j:plain

温泉街で食べるラーメンも美味しいですよ!

 

f:id:monopatch:20180113004703j:plain

北投の夕暮れ時。

 

北投温泉、台湾へ足を運んだ際はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう?

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です