タワマンの空気の汚れにシャープの空気清浄機で対策を行う




 タワマンのデメリットの一つに、場所や階層にもよりますが大気中の汚れが入ってき易い点があります。

通気口に設置している下のようなフィルターも1ヶ月経てば汚れて真っ黒になるほどです

そこで役にたつと考えられるのが空気清浄機です。

空気清浄機を開発しているメーカーはたくさんありますが、中でもシャープが発売台数において抜きん出ているということもありシャープの空気清浄機を購入することにしました。

各メーカーの空気清浄機発売台数

https://www.yodobashi.com/category/6353/6357/6407/6636/maker/

シャープの空気清浄機

シャープの中でも売れ行きの良いラインナップとして

  • KC-F50
  • KC-G50
  • KC-H50

がありますが、上のラインナップは

  • KC-F50 -> 2015年モデル
  • KC-G50 -> 2016年モデル
  • KC-H50 -> 2017年モデル

となっており、特にKC-G50とKC-H50の性能はシャープの仕様書を見る限りまったく変わりがありません

f:id:monopatch:20181125174116p:plain

出典:http://www.sharp.co.jp/support/air_purifier/lineup/kch50_g50_spec.html

一方で、型落ちモデルは最新型に比べて値段が落ちるのがよくある話で、amazonで比較してみても値段に差があることがわかります。

シャープ プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 KC-H50-W

シャープ プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 KC-H50-W

 

よって、AmazonでKC-G50を購入してみることにしました。

KC-G50を使ってみて

リビングにおいて運転させていますが、例えば鏡によく付いていた埃がつきにくくなったり、床に汚れがたまりにくくなったなどの空気に関する改善を感じることができました。

空気の汚れに敏感な体質ではないので、例えば喘息が改善したなどの報告はできませんが、空気が清浄されていると感じれます。

値段としてはおおよそ17,000円でとてもリーズナブルでしたので個人的には満足のい買い物でした。

空気清浄機を検討されている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

今週のお題「読書の秋」