【実際に体験】中国元への換金はどこでするのがお得に換金できるのか

海外旅行の際に必ずと行っていいほど必要になるのが換金ですが、どこで換金をするのがお得に出来るのかは悩むポイントでもあります。

そこで今回は中国元に関して、実際に中国元への換金をいくつかの場所で試してみました。

前提として、換金したタイミングでのレートは16.5前後です。

また、レートは「1元手にするのに日本円にしていくら相当必要だったか」の視点で掲載しているので、レートが低ければ低いほどお得に換金ができたことになります。

外貨両替専門店 トラベレックス 羽田空港国際線ターミナル駅店

日本でもある程度は換金しておくと現地についてすぐに動けるのが出国前換金のメリットですが、日本での換金はやはりレートが悪いので多くても1万円までにした方がよいと思います。

11,730円を600元に換金したので、レートは19.55でした。高いです。

滞在ホテル内の換金所

ここが一番、レートが良かったです。滞在先のホテルにて一気に換金するのが一番賢い手段だと学びました。

13,000円を759元に換金したのでレートは17.12です

JALグローバルォレット

両替のタイミングでレートが決まるわけですが、17.68923でした。悪く無いです。あとは出金時に200円相当の現地通貨分が引かれます。(12元ほど引かれました。)

JALグローバルウォレットの場合、レートは両替のタイミングでアプリから確認する以外に方法がないようです。

https://www.jal-globalwallet.com/guide/exchange/https://www.jal-globalwallet.com/guide/exchange/

JALグローバルウォレットにて出金した際の領収書(1)
JALグローバルウォレットにて出金した際の領収書(2)

余談:北京首都国際空港内(出国後エリア)の換金所

ここのレートが最悪でした。

195元を2,000円に換金した形となりますが、こちらの場合は「1円を手にするのにいくらの中国元が必要だったか」という視点になります。こちらも数値が小さい方がお得に日本円に換金できたという話になります。

正規レートは0.060から0.061です。

で、実際の換金では195元を2000円に換金したのでレートは0.0975でした。高いです。
2000円で195元貰えたら…なんてことはあり得ないですね。

結論

必要最低限のお金を日本で換金した後に、現地滞在ホテルなどで換金するのが効率的でした。

あと、JALグローバルウォレットは現金を持ち歩く事による盗難リスクが減るのでよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です