【レビュー】ドッグカメラのfurboを購入し実際に使ってみた感想

ドッグカメラのfurboを使ってしばらく経過したのですが、
仕事で家を空ける方にとってはとても強い味方になるなと実感しました。

以下にfurboを購入して良かった点を書いていきます。

カメラのおかげで家にいない時も様子がわかる

インターネットに接続しているので留守にしている時も専用のアプリからペットの様子が一目瞭然になります。

我が家では外出時はまだゲージの中に入れているので、見えなくなるという状態がまったくありません。

スピーカーから声をかけられる

スピーカーをONにするとスマホのカメラが音を拾ってfurboが発声してくれます。

これにより外からでも声をかけることが出来て、愛犬の反応を見て楽しむことも可能です。

餌を補充しておけばアプリから発射することができる

あらかじめ

furboに餌を補充しておけば専用アプリからの操作で餌を発射することができ、愛犬がお腹をすかして胃液を戻す、、なんと事が無くなります。

ただし、餌として使えるのは固形物であってかつ丸ボーロのような比較的小さいものが求めらるので全ての餌が使えるわけではありません。この餌発射機構はもう少し改善の余地がありそうです。

しかし、改善されたとしてもその改善版はアプリのバージョンアップデートとは違ってまた書い直さないといけないので、餌発射機構の部分だけモジュール化して切り離し、アップデートしたり餌の性質に応じて組み替えるなどが出来ればもっと良いプロダクトになるのではないかと思います。

愛犬のアクションを自動検知して写真を撮ってくれる

吠えたり起き上がったりした様子を自動で検知して、かつ写真を撮影してくれます。

撮影された写真はアプリ上で閲覧&ダウンロードも可能で、面白い写真や可愛い写真が日々上ってくるのも楽しみの一つです。

furboを使うことによって愛犬との生活の質は向上したなと感じています。

今後の製品や機能開発にも期待しています。

forboを利用するにはWiFi(無線LAN)環境が必須です

forboがインターネットに接続していないと、アプリから愛犬の様子を見たりすることができません。

そのため、家には常にインターネット環境が必要になります。既にあれば問題はないですが、ない方は以下のような事業者からインターネット回線を契約することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です