ドッグカメラの「Furbo」を購入して早速試してみた結果、おすすめしたくなったので紹介します




仕事をしている人にとっては、日中は愛犬の様子を知りたくても知れず心配になることもありますがこの「furbo」というドックカメラの製品を購入してからはいつでも確認ができるようになったので安心できます。

この製品には非常に満足しており実際の知り合いにもおすすめしたところ

  • 凄いこれ!私も買いたい!
  • これ見たら買いたくなるわ〜

といった声をもらい(マジで)、反響が良かったのでブログでも紹介しようかなと思います。

製品はこちら

forbo概要 w/ 写真

f:id:monopatch:20181130091554j:plain f:id:monopatch:20181130091605j:plain f:id:monopatch:20181130091617j:plain

中には取り扱い説明書があり、指示にしたがって設定すれば使えるようになります

f:id:monopatch:20181130091627j:plain

えさ(おやつ)入れです。そんなに多くははいりませんが、これさえあれば1拍2日の外出なら凌ぐことができると思います。

f:id:monopatch:20181130091641j:plain

furboのお気に位入りポイントの一つに「カメラの夜間モード」があります。

これにより夜でも愛犬の顔を確認することができるようになりますね。

forboの機能

改めて、furboの機能/特徴一覧は以下の通りです

  • カメラ&スマホアプリからの操作で餌をあげれる
  • スナックコール(餌をあげるときに、あらかじめ録音しておいた音声を発する機能)
  • 画質は1080p, 720p, 360pの選択肢
  • ガメラのナイトモード(自動で切り替わる)
  • アラート機能(犬が吠えたり鳴いたりするのを検知する機能。感度も調整可能)
  • 話しかけ機能(furboを通じて自分の声を届けれる)
  • ビデオ/画像撮影機能
  • スマートアラート(いくつかのパターンにおいて、検知したときに画像を自動でfurboアプリに保存される機能。見てみてほしければ画像アプリに保存できる。下に貼り付けたアプリのキャプチャ参考)

なかなか機能が豊富で個人的には今の所満足しています。

アプリのキャプチャ

f:id:monopatch:20181130093420j:plain f:id:monopatch:20181130093227j:plain

この製品は中々QOLの上がる製品で、IoTの時代きてるなと思いました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です