中古マンション訪問録:ブリリア有明スカイタワー

オリンピックを目前に開発が進んでいる江東区有明のタワーマンション訪問録。今回は東京建物のブランド「ブリリア」シリーズの「ブリリア有明スカイタワーを紹介します。

物件概要

あくまで訪問時点のもので、最新の売り出し物件情報につきましては、こちらをご覧ください ->  中古物件購入|ブリリア有明スカイタワー 公式サイト|

物件の場所

駅としては

  • ゆりかもめ「有明テニスの森」
  • ゆりかもめ「有明」
  • りんかい線「国際展示場」

あたりになります。またマンション前にはバス停があり、東京駅からのアクセスも可能です。

tobus.jp

マンション構造

駐車場が12Fまであることによって12Fまでは内廊下、13F以上は下の写真のような外廊下となります。

f:id:monopatch:20180814221758j:plain

外廊下のほうが内廊下より陽の光もあり開放的ではありますが、ごらんの通りちょっと怖いですね笑

f:id:monopatch:20180814221803j:plain

物件内覧

基本的なものは揃っているかと思います。文句の付け所はありませんでした。

f:id:monopatch:20180814221640j:plain f:id:monopatch:20180814221632j:plain

 物件からの眺望

この物件は29Fという事もあり眺望はよかったです。

向きはお台場の方ですので、お台場の花火などもよく見えそうです。

 

共有ラウンジ

ブリリア有明スカイタワーの最上階(33F)にはラウンジがあります。

昼はライブラリーや作業スペースとして、夜はバーなど色々な使い方が出来そうです。

f:id:monopatch:20180814221912j:plain f:id:monopatch:20180814222052j:plain f:id:monopatch:20180814221826j:plain f:id:monopatch:20180814221907j:plain

眺望面では、ご覧の通り都心の建物がよく見えます。写真中央付近あるのは豊洲市場です。

f:id:monopatch:20180814221917j:plain

有明地区は国家戦略特区になっている点や、オリンピックおよびその後も見据えて街づくりが進められている最中ですので今後が楽しみな場所です。

「有明レガシーエリア」の運営に関するサウンディング調査|有明レガシーエリアの検討|新規恒久施設等の後利用|東京都の取組|2020年大会開催準備|東京都オリンピック・パラリンピック準備局

変わりゆく有明(東京2020オリンピック・パラリンピック会場予定地) | お知らせ | 有明スポーツセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です