ブリリア有明ミッドクロスの特徴を湾岸エリアタワマン住民の視点で考察する

出典: https://www.ariake-mid.jp/top.html

ブリリア有明ミッドクロスのモデルルームが有明北地区に出来つつあります。

有明エリアのタワマンに関して、Brilliaとしては4棟目となる「ブリリア有明ミッドクロス」ですが、どの様なマンションなのかを、湾岸エリアのタワマンに住んでいる筆者が考察していきます。

お台場に最も近い江東区のマンション

ざっくりとミッドクロスの建設位置および、江東区と港区の境界線を引きましたが、ミッドクロスが江東区の中でお台場に一番近いマンションとなります。(それまではシティータワーです)

お台場エリアまでは、本当に橋を渡るだけとなるので10分かからずに着くでしょう。

よって、お台場がリゾートというよりは生活圏内になります。
(例えば、アクアシティお台場やダイバーシティにある100円均一ストアを重宝したり、ヴィーナスフォートにあるニトリを重宝するようになると思います。)

豊洲もちょっと足を伸ばせばすぐ行けますが、ゆりかもめぼ有明テニスの森駅までは地味に遠いのでお台場にくっついてきた形となるでしょう。

出典: https://realestate.yahoo.co.jp/new/mansion/dtl/00146466/

共用施設

ラウンジ

タワマンの魅力の一つに、共用施設の豪華さがあります。
仮に部屋の眺望があまりよくなかったとしても、住民専用のラウンジからの眺望が良ければ、タワマンの眺望の良さを享受できたも同然です。

ミッドクロスの共用ラウンジがどの方面を向いているかは公式サイトにはまだ未記載でしたが、普通に考えるとレインボーブリッジ、そして都心の高層ビル群が一望できる向きになると思います。

地域貢献施設

出典: https://www.ariake-mid.jp/common_design/index.html

基本的にタワマンの共用部分は、タワマンの住民だけのためにあるものですが、ブリリア有明ミッドクロスでは
「地域貢献施設」
と銘打っていくつかのファシリティースペースを用意しているようです。

具体的には以下があります

  • カフェ
  • ワークスペース
  • コミュニティスペース

仮に上記のようなスペースが、ブリリア有明ミッドクロスの住人以外にも解放されているのであるとすればオープン性や利便性が高くなると予想します。

近隣のブリリア有明シティータワーやブリリア有明スカイタワーの住民なども利用するきっかけになるのではないでしょうか。
(特に有明北地区は発展途上ということもあり、ワーキングスペースやカフェなどが現時点では全然ありません。)

間取り

間取りは標準的な1LDK~3LDKまで一通り揃っています。

実際に見てみないとわからない部分も多いので現時点ではあまり言えることはないですが、公式サイトを見る分には

  • 柱が部屋に食い込んでいる
  • 2LDK以上で、各部屋へはリビングを経由しないと行けない

などの間取り設計はちょっと残念だなと思う次第です

出典: https://www.ariake-mid.jp/plan/plan-d.html
出典: https://www.ariake-mid.jp/plan/plan-h.html

間取りはまだ4タイプしか公表されていないですが、多くのタイプがあるようなので全貌が明らかになるのを楽しみにしたいと思います。

最後に、こちらの記事も合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です